FC2ブログ

4月「ヘナとホホバオイルの石けん」教室

4月のハンドメイド石けん教室では「ヘナとホホバオイルの石けん」を作りました。

使用するオイルは5種類。
IMG_9562.jpg
ホホバオイル ひまし油  オリーブオイル パームオイル  ココナッツオイル

IMG_9571 (518x402)
分量を量り、ペットボトルに入れていきます。

IMG_9575.jpg
このレシピは、苛性ソーダ水と合わせてから2時間程でトレースが出て型入れができるようになります。

ホホバオイルはここで投入。全油脂の5%加えます。
IMG_3711 (640x480) (239x300)
ホホバオイルは厳密に言うと植物性の「ワックス」に分類されます。
皮脂に含まれるロウを多く含み、肌になじみやすくさらっとした使い心地ながら保湿効果も高いので、マッサージにも適したとてもよいオイルですね。
抗酸化作用が強く酸化防止にも役立つので、型入れ前に加え、あえて石けんにせずオイルのまま石けん内に残すスーパーファットでの使い方に適したオイルです。

北米のインディアンが髪の手入れに使っていたと言われている通り、石けんに配合するとシャンプーとしても使い心地がよく、髪の毛の仕上がりもいい感じになってくれます。

そして古代エジプトのクレオパトラの時代から使われていたといわれるヘナ。
古来から薬草として親しまれ、アーユルヴェーダの代表的なハーブでもありますね。
IMG_3714 (640x480)
毛染めとしての使われ方をしていますが、痛んだ髪をしっとりさせるトリートメント効果もあります。
殺菌作用にも優れ、フケやかゆみを抑えるといわれているのでこちらも石けんに配合するとシャンプーとしていい感じで使えます。

IMG_9577.jpg
生地を二つに分け、一方にだけヘナを加えてよく混ぜ、ホワイトとブラウンの生地を作ります。

IMG_3716 (640x480)

IMG_3717 (640x480)
まずホワイト生地を型に流し込み、
IMG_3719 (640x480)
次に漏斗を使ってブラウン生地を流し込みます。
IMG_3720 (640x480)

IMG_3721 (640x480)
ホワイト、ブラウン交互に流し込んでいきました。

6週間熟成させてできあがり!
IMG_6049 (640x480)
ヘアケアによい効能をしめすヘナとホホバオイル、そしてひまし油も使っているので泡立ちもよく使い心地のよいシャンプー向け石けんです。

次回のハンドメイド石けん教室は5月16日(月)北神区民センター、
6月3日(金)ブランチ学園都市コミュニティールームにて開催。
「レッドパームのキッチンソープ」を作ります!
http://www.baby.zaq.jp/pomme/handmadesekkenkyousitu.html
IMG_1998 (640x480)
スポンサーサイト



庭に自生したどくだみで石けんを作る

日本全国いたるところで見られるどくだみ.。
うちの庭にもいつの間にか自生してくれてます。
IMG_2344 (640x480)
どくだみは強い臭いで苦手な方もいらっしゃいますが、生薬名として十薬という名前が付けられているように10種類の薬効があると考えられている素晴らしい植物です。

精油成分であるデカノイルアセトアルデヒドやフラボノイド類のクエルシトリン、イソクエルシトリンやミネラルなどの成分を含んでおり、抗菌・殺菌作用・便秘・血圧の調整・動脈硬化の予防・利尿作用が期待されています。
ニキビや吹き出物といった肌トラブルの予防、改善にも効果が期待できます。

ただ、ドクダミの有効成分の効果は、生葉と乾燥葉とは大きく変化するそうです。
生葉をいったん乾燥させるとデカノイルアセトアルデヒドは酸化されてメチルノニルケトンに変化し、臭いとともに抗菌・殺菌作用もなくなり吹き出物への効果は薄まるので、生の状態で使用します。
IMG_2522 (640x480)

50グラム程しか収穫できませんでしたが、これで石けんを仕込みました。
IMG_3705 (640x480)

どくだみの生葉50gと精製水120gをミキサーにかけます。
IMG_3706 (640x480)

これを濾して、苛性ソーダと合わせ苛性ソーダ水溶液として使いました。
IMG_3709 (640x480)

この石けんは、どくだみの葉を油に漬け込んだインフューズドオイルは使っていません。
そのため脂溶性有効成分はあまり抽出されず、クロロフィルの緑は出ていません。どくだみの強力な臭いも残っていません。
IMG_8873.jpg
とても使い心地のよい石けんになってくれますよ。

この石けんを作ったのは2年前。
4月に入り、今年もどくだみの葉が少しずつ出てきてくれていますが・・
IMG_9312.jpg
今年はもっともっとたくさん自生してくれるといいなあ・・
空き地などに行けばたくさん生えているのだろうけど、まだ「ここ!」という収穫場所を見つけておりません。
たくさん収穫できるようになったら、またハンドメイド石けん教室でも作りたいと思います。

六甲山オルゴールミュージアム

先日は六甲山のオルゴールミュージアムへ行ってきました。
前に一度訪れているので、オルゴールなどの自動演奏楽器のコンサートはパスして、今回はオルゴール組立体験に参加するために入館しました。
IMG_20160414_130449.jpg
まずは館内のシュトラウス・カフェにてランチタイム。
IMG_9270.jpg

ハンバーグがビッグ!なハンバーグランチ。
IMG_9262.jpg

生ハムのクリームパスタも美味でした!
IMG_9263.jpg

とても気持ちの良いお天気だったので、お池のある中庭を散策することに。大きな鯉がいました。
素朴に水仙が咲いていて、私好みのナチュラルガーデンです。
IMG_9252.jpg
木々にオルゴールが備え付けてあり、ひもを引っ張るとジブリの音色・・・
心癒される素敵なガーデンでした。

そしてオルゴール組立体験。スタッフのお姉さんが丁寧に教えてくださいました。
IMG_9279.jpg

20分程でできあがり!おうちでもオルゴールの音色に癒してもらいま~す。
IMG_20160414_130549.jpg




春の小野児童館ふれあいマッサージ講座

ポカポカの春がやってきましたね!
今年度も小野児童館にて親子のふれあいマッサージ講座を開催させていただくことになり、今日は今年度第1回目の開催です。

ふれあいマッサージ講座は10時半から開催。
今日も続々とママとお子さんが来館され、にぎやかな講座を開催させていただくことができました。
IMG_5590 (480x640)
今日はお子さんのお腹や腕を太鼓、お餅に見立ててふれあいあそびをしたり、「せんたくきぐるぐる」のわらべうたあそびなどを楽しんだ後、両足と胸のマッサージをおこないましたよ。
どの親子さんもとってもいい表情をされていました!

次回は6月6日開催です。

児童館隣りのひまわりの丘公園。あちらこちらに春の植物たちが姿を見せはじめてくれていました。
児童館で遊んだ後、レジャーシートを持って公園で青空ランチ!という親子さんも多いのでは?!
訪れるたびに思いますが、とっても素敵なところです!
IMG_9358.jpg
http://www.city.ono.hyogo.jp/p/2/7/1/


おうちの前は桜並木道

現在のおうちに住むようになって13年。

ここは適度に田舎で、住み心地がよく大満足なのですが、その中でもここに住んでよかった~と思えるのは、おうちの前が桜並木道だということ。
IMG_20160403_102445.jpg

咲き誇る時期はほんのわずかで、散ってしまった後の花びらの掃除、初夏には毛虫モビールの群集に驚かされ、晩秋には落ち葉の掃除と、厄介な面もあるのですが、でもやっぱり咲き誇る桜の景色には毎年うっとりさせられます。
IMG_20160403_102720.jpg

今日は満開になり6日目。そろそろ散り始めていますが、道も桜のじゅうたんとなり、一面が桜色でこの時期が最高にきれいです。
IMG_20160406_172143.jpg

桜の花びらには美容効果があることがわかっています。
化粧品や健康食品にも、桜の花のエキスが配合されているものがみられますね。
IMG_20160406_172259.jpg
今年は散った花びらをかき集めてエキス抽出し、桜石けんを仕込んでみようと思います。
ピンク色も桜の花びらから抽出できたらよいのですが・・
桜のピンク色は咲き始めの桜の小枝や樹皮、葉からは抽出できるようです。
小枝を折ったり樹皮を採取するわけにはいかないので桜の天然色素利用というのは無理かな~?
落ち葉は使えそうですが、ピンク色を抽出できたとしても、そのままでは苛性ソーダのアルカリで変色してしまうでしょう。
マグネシウムやミョウバンなどの金属と色素を合わせ、顔料として取り出したら使えるかな?

などと日々これは石けんに使えるか・・ということばかり考えてしまいます。

それから上品な桜の香り!
あの独特の香りの主体はクマリンという成分なのですが、通常の花や葉の中では糖と結合した「配糖体」という状態で存在するため、生の桜の花びらからは香りません。
「塩漬け」にされると糖が分離してクマリンが生成され香りを放つ状態になりますので、桜餅を包む桜の葉は塩漬けのものが使われています。
クマリンを主成分とする香りにはリラックス効果、抗菌効果、むくみを改善する効果などがありますので、花びらを集めて水蒸気蒸留で精油抽出にも挑戦したいなあ・・





プロフィール

プチママン・ポム

Author:プチママン・ポム
神戸市北区 プチママン・ポムは、ベビーマッサージ教室、ハンドメイド石けん教室などを通して、子育て世代ファミリーの「子育てハッピーライフ」を応援しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク