FC2ブログ

1月の石けん教室

今月は、ハンドメイド石けん教室、ブランチ学園都市でのハンドメイド石けんクラフト講座とも「ローズヒップの石けん」を作りました。
ローズヒップは、ビタミンC、鉄分、カロテン、リコピンなど、有効成分が豊富で、美容のハーブティーとして有名ですよね

そんなローズヒップの有効成分を石けんにも取り入れてみようということで、
石けんを仕込む4週間前からファインカット状とパウダー状にしたローズヒップを
オリーブオイルに漬け込み、脂溶性の有効成分のカロテン、リコピンなどが含まれた
インフューズドオイルを作りました。
IMG_0218 (640x480)

4週間後にはこんな濃い色のオイルになります。
IMG_0443 (640x480)

今回使用するオイルは、
このローズヒップのインフューズドオイル、ココナッツオイル、パームオイル
IMG_0448 (640x435)
そして、↑ローズヒップの実から採取したローズヒップオイルも
全油脂の5%の配合で加えます。

ローズヒップオイルは組成比の約80%が不飽和脂肪酸のリノール酸と
リノレン酸がのため、とても酸化しやすく、
そしてとても高価なオイルなのです。

でもこのオイルはシミ、シワ、くすみの改善や肌に弾力を与える効果など美肌効果抜群!
石けんに配合すると、きめ細やかな泡立ちで、
さらっとしていて余分な皮脂の分泌を抑えつつも、
水分は保持してくれているという使い心地になってくれるので、
美肌効果も期待しつつ配合しています。


水分も精製水の代わりにファインカットのローズヒップの浸剤を使用します。
IMG_0216 (640x480)

IMG_0896 (640x480)
浸剤はローズヒップを漬け込んだ後、濾し器で濾して使用します。
ローズヒップの浸剤を使用した方が、より濃い焦げ茶色の石けんになります。
IMG_0898 (640x480)
ペットボトルに合わせたオイルに浸剤で作った苛性ソーダ水を加え、
ふたを閉めて約10分休まずシェイク!
IMG_0899 (640x480)
その後時々シェイクして、約4時間で型入れできます。
ローズヒップパウダー加え、よく混ぜて型入れします。
IMG_0532 (640x480)
型入れして1週間ほどで型出ししたところ。
カットするとこんなピンクがかったかわいい茶色なのですが、
IMG_0583 (640x480)
6週間の熟成後はこんな感じです。
まるで石けんとは思えないこげ茶色の石けんですが、
とっても上質な石けんなんですよ

IMG_0813 (640x471)
ブランチ学園都市ではローズヒップ石けん素地を使って
クラフトを楽しんでいただきました。
IMG_0814 (640x562)
かわいいくって使うのもったいないですね








スポンサーサイト



プロフィール

プチママン・ポム

Author:プチママン・ポム
神戸市北区 プチママン・ポムは、ベビーマッサージ教室、ハンドメイド石けん教室などを通して、子育て世代ファミリーの「子育てハッピーライフ」を応援しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク