FC2ブログ

アシタバのおひたし

IMG_0013.jpg
放置状態であった真冬の殺風景な我が家の庭に、唯一決して枯れることなく育ってくれていたのがアシタバでした。
アシタバは、アミノ酸をはじめ、カロチンやビタミンB群などのビタミン類、カリウムや鉄分などのミネラル類、食物繊維、葉緑素など様々な栄養素をバランスよく含んでいます。

今まではティーとしていただくだけでしたが・・
IMG_0335.jpg
今日はおひたしにしてみることにしました。

IMG_0336.jpg
さっとゆでて

IMG_0337.jpg
我が家定番のしょうゆ、すりゴマ、エゴマ油、レモン汁、そしてトマトと一緒に和えます。

IMG_0340.jpg
夫作「自家製焼き豚」と共に晩御飯の一品となりました。それにしてもシンプル晩御飯ですね・・いつもこんなもんです・・
スポンサーサイト



マルベリー、鳥達との争奪戦! &ヨーグルト・ベリーシェイク

6月に入り、マルベリーが熟し始めてきました。
とっても甘いマルベリー。毎年、私VS鳥たちとの争奪戦が繰り広げられる季節です。
IMG_0660.jpg

まずはカラス
IMG_0457.jpg

スズメ
IMG_0467.jpg

ヒヨドリ
IMG_1240.jpg

特にヒヨドリはマルベリーが大好きなのでしょう・・頻繁に訪れては熟した実を目ざとく見つけてはつまみ、
おまけに体の重みでたくさんの食べごろの実を地面に落ちて帰ってくれます・・
IMG_1239.jpg

熟すとすぐに持っていかれたり落とされたりして、いつもこんな状態です。
IMG_0711.jpg

今年はいつもより争奪戦が激しい・・収穫が思うようにできません・・
収穫はこんだけがやっと・・
例年はもっとたくさん収穫でき、マルベリーケーキを作るのですが、
少量なのでレモンバーム、ワイルドストロベリー、カレンデュラの花びらまで合わせて
ヨーグルト・ベリーシェイクを作ることにしました。
IMG_0712.jpg

カスピ海ヨーグルトと一緒にミキサーにかけます。
IMG_0713.jpg

できあがり!とってもかわいいベリー色と、レモンバームの香りよいシェイクです。
おいしいですが、もう少し細かくミキシングした方がよかったかな?!
IMG_0717.jpg

また鳥が来ている!と空を見上げてみると
IMG_0681.jpg

三羽のツバメでした。
IMG_0682.jpg

よく見ていると親鳥が餌を運んでいるではありませんか!
何度も何度も餌を口に運んでいて忙しそう!なんだか心温まる光景です。
IMG_0685.jpg
巣立ちしたばかりの子ツバメかな?ツバメはマルベリーを餌にしているのではないと思いますが、
この季節、いろんな野鳥が訪れてくれるにぎやかなマイガーデンです。

6月8日キュウリがなった!

6月8日の植物たち
IMG_0843.jpg
プチトマト・・少し大きくなりました!

IMG_0847.jpg
わさび・・でかい葉です!

IMG_0846.jpg
挿し木したイングリッシュラベンダー、少し花穂が開花してきました。

IMG_0848.jpg
パプリカも順調です!

IMG_0845.jpg
そして今朝収穫時のキュウリを発見!晩御飯のサラダに使いました。

ラベンダーが咲かない

今年もこの季節になると、階段横の花壇にはきれいな草花が咲いてくれていますが・・
IMG_0673.jpg
今年は何かが違う・・

去年の写真
IMG_1938.jpg
そう、昨年まではイングリッシュラベンダーがきれいに開花し、素敵な香りを放ってくれていたんです・・
石けん作りにも大活躍してくれていたラベンダーなだけに大ショック!
きっと秋に刈り込み過ぎてしまったのが原因のようです・・失敗!

ですが、挿し木で増やしていた北東角のラベンダーが少し大きく生長してくれているのを発見!
IMG_0846.jpg
よかった~こちらは大切に、大株に生長させたいと思います。

5月29日の植物

IMG_0664.jpg
5/29 パプリカ 早くも実がついてくれています。

IMG_0667.jpg
キュウリも!なんだか今年は実付きが順調!

IMG_0665.jpg
どくだみの花も去年よりたくさん!

IMG_0668.jpg
プチトマトも青い実がなり始めています。

IMG_0670.jpg
ワイルドストロベリーもかわいらしい・・元気に生長!

IMG_0671.jpg
レモンバームもグングン大きくなっています。毎年虫に食われてボロボロ葉になってしまいますが、今年はまだきれいな葉姿を保っています。

IMG_0672.jpg
そして今年はオオバコがどんどん育っています!オオバコは雑草だろ!草むしりをさぼってる?!と言う声が聞こえてきそうですが、オオバコの種子は車前子(シャゼンシ)、葉は車前草(シャゼンソウ)という生薬として利用されているそうです。
抗炎症、消炎作用、呼吸器系の不調や便秘にも有効な植物だそうです。全草によい効能がたくさん!立派な薬草なんですね!
今年はむしることなく栽培(?)してみます。

苗を植えました。

ホームセンターで野菜の苗を買いました。本日、植込み作業デーです。
IMG_0613.jpg

IMG_0574.jpg
パプリカ

IMG_0573.jpg
キュウリにミニトマト

IMG_0620.jpg
ヘチマ

IMG_0622.jpg
ヤマワサビ

IMG_0623.jpg
そして温州ミカンの木!たくさんの実をつけてほしいものです・・

IMG_0605.jpg
フィトケミカルを深く勉強中。狭い庭ではありますが、効能高い植物をもっとたくさん植えていきたいです。

フキのパスタ

今日は東角のフキを収穫し、フキ料理に挑戦
IMG_0086.jpg

茎の太いのを数本収穫しました。
IMG_0168.jpg

葉と茎を切り離します。
IMG_20160501_101949.jpg

フキの下ごしらえは初めてで、どう調理したらよいのかわからないので料理本を見ながら・・・
まずは塩を振って茎を板ずりです。
IMG_20160501_103244.jpg

沸騰したお湯で1分程ゆでます。
IMG_20160501_103516.jpg

冷水にとって冷まします。
IMG_20160501_103724.jpg

筋を剥くのがめんどくさいだろうなあと思っていましたが、最初に切り口の筋を少し剥き、まとめて一緒に引っ張ると一度に剥けます。
IMG_20160501_103935.jpg

意外に簡単に剥けたのでうれしかったです。
IMG_20160501_104428.jpg

フキといえば和食なイメージですが、パスタ料理に使うことにしました。
具材はフキと、ベーコン、ツナを白ワインとオリーブオイルで炒め、味付けはマヨネーズと塩コショウです。
IMG_20160501_111208.jpg

青ネギを乗せると絶品!フキとマヨネーズの組み合わせも癖になるほど美味でした。
IMG_20160501_112653.jpg
葉も食べられるそうですが、あく抜きがうまくいきませんでした。葉は苦かった~。



おうちの前は桜並木道

現在のおうちに住むようになって13年。

ここは適度に田舎で、住み心地がよく大満足なのですが、その中でもここに住んでよかった~と思えるのは、おうちの前が桜並木道だということ。
IMG_20160403_102445.jpg

咲き誇る時期はほんのわずかで、散ってしまった後の花びらの掃除、初夏には毛虫モビールの群集に驚かされ、晩秋には落ち葉の掃除と、厄介な面もあるのですが、でもやっぱり咲き誇る桜の景色には毎年うっとりさせられます。
IMG_20160403_102720.jpg

今日は満開になり6日目。そろそろ散り始めていますが、道も桜のじゅうたんとなり、一面が桜色でこの時期が最高にきれいです。
IMG_20160406_172143.jpg

桜の花びらには美容効果があることがわかっています。
化粧品や健康食品にも、桜の花のエキスが配合されているものがみられますね。
IMG_20160406_172259.jpg
今年は散った花びらをかき集めてエキス抽出し、桜石けんを仕込んでみようと思います。
ピンク色も桜の花びらから抽出できたらよいのですが・・
桜のピンク色は咲き始めの桜の小枝や樹皮、葉からは抽出できるようです。
小枝を折ったり樹皮を採取するわけにはいかないので桜の天然色素利用というのは無理かな~?
落ち葉は使えそうですが、ピンク色を抽出できたとしても、そのままでは苛性ソーダのアルカリで変色してしまうでしょう。
マグネシウムやミョウバンなどの金属と色素を合わせ、顔料として取り出したら使えるかな?

などと日々これは石けんに使えるか・・ということばかり考えてしまいます。

それから上品な桜の香り!
あの独特の香りの主体はクマリンという成分なのですが、通常の花や葉の中では糖と結合した「配糖体」という状態で存在するため、生の桜の花びらからは香りません。
「塩漬け」にされると糖が分離してクマリンが生成され香りを放つ状態になりますので、桜餅を包む桜の葉は塩漬けのものが使われています。
クマリンを主成分とする香りにはリラックス効果、抗菌効果、むくみを改善する効果などがありますので、花びらを集めて水蒸気蒸留で精油抽出にも挑戦したいなあ・・





プロフィール

プチママン・ポム

Author:プチママン・ポム
神戸市北区 プチママン・ポムは、ベビーマッサージ教室、ハンドメイド石けん教室などを通して、子育て世代ファミリーの「子育てハッピーライフ」を応援しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク