FC2ブログ

ユズ果実のコールドプロセス石けん

ユズ果実を丸ごと使った石けん
今回はコールドプロセスの固形石けんを作った時のレポートです。

香り成分であるリモネンやシトラール、肌の健康を保つビタミンC、β-カロテンを豊富に含むユズの果皮。
肌荒れや冷え性に効果的で美肌効果が期待できます。
IMG_3043.jpg

強い抗酸化作用を持ち、老化防止にも効能を発揮するヘスペリジンが多く含まれるのはユズの筋部分です。
IMG_3042.jpg
ユズに含まれるヘスペリジンの量は柑橘類の中でも特に多く、みかんの20倍・レモンの3倍だそうです。

ユズ果皮、筋をミキサーにかけたユズジュース
IMG_3123.jpg

オリーブオイル、ココナッツオイル、パームオイルのブレンド油脂。   苛性ソーダを加えたユズジュース。
IMG_3135.jpg

これを合わせ、約2時間で石けん生地の完成です。
IMG_3139.jpg

石けん生地に、ユズ果皮をパウダー状にしたもの、先ほどのユズジュースも少し加え型入れします。
ユズ果皮に含まれていたリモネンやシトラールの香りは、残念ながら石けん内に残りませんのでユズの精油も加えました。
IMG_3142.jpg

型に流し込んだところ
IMG_3145.jpg

6週間後
IMG_3302.jpg

ユズの筋も加えたらこんな感じの仕上がりです。
IMG_3300.jpg
なんだかおいしそうですね。
使い心地もしっとりいい感じの石けんです。

IMG_3030.jpg
今回、お友達のご実家から頂戴したたくさんのユズ。たっぷり使わせていただき、贅沢で上質の石けんを作ることができ感謝!

実は我が家の庭のユズの木はこんな感じ・・
もう植えて8年ほどになりますが、全く実らないのです・・
IMG_20170325_174546.jpg
ゆずは成長が遅く、実を実らせるまでに10数年かかるそうすので、うちのユズさんも後数年後には実ってくれるのでしょうか・・?
いつかうちの庭のユズでも石けんを作ってみたいと思っています。
スポンサーサイト



ユズを果実ごと使ったぷるぷる石けん

前回レポートしたユズの種エキスと果皮を利用したぷるぷる石けん
IMG_3318.jpg

今度はユズを果実ごとふんだんに使ったぷるぷる石けんのレポートです。
IMG_3037.jpg

果実をまるごとミキサーにかけジュースにします。
果皮、筋、果汁・・これに苛性カリを加えて水溶液を作りますが、きれいな色の石けんに仕上がるでしょうか?・・
IMG_3123.jpg

IMG_3126.jpg
   油脂↑  ユズジュースに苛性カリを加えたところ↑
苛性カリを加えたユズジュースは濃いオレンジ色に変化!

IMG_3128.jpg
油脂とユズジュースのカリ水溶液を合わせた直後はきれいなオレンジ色でしたが・・

IMG_3134.jpg
けん化が進むにつれてこんな色のリキッドソープベースに仕上がりました。
ユズジュースでは苛性カリの影響を受け茶色の石けんになってしまうのか・・と少しドキドキしましたが・・

ぷるぷる石けんにしたらこんな色
IMG_3321.jpg

IMG_3323.jpg
ユズ果実のぷるぷる石けん↑ ユズの種エキスのぷるぷる石けん↑
ユズ果実で作った方が若干暗めの仕上がりではありますが、共にきれいなユズの色です。

実は今回のぷるぷる石けんのリキッドは、「アルコールを使わないで作ったぷるぷる石けんの仕上がりと使い心地はどうか?」を確認したくて、アルコールでけん化反応を進めたリキッドではなくホットプロセスで約3時間ほど時間をかけてゆっくりかき混ぜながら作ったアルコールフリーのものです。

というのも、私は敏感肌のため、石けん内の残留アルコールが少し刺激になり、冬場は特にカサカサになってしまうことがあります。
3か月以上熟成させれば気にならないのですが、アルコールを使う透明石けんやぷるぷる石けんは冬にはあまり使いたくないなという印象がありました。
なのでできるだけアルコールは使いたくない・・でも使わないと仕上がりに影響が出るかも・・?

ですが、アルコールフリーで作ったユズ果実まるごとのぷるぷる石けんは、透き通るほどの透明感はないものの深みのあるユズ色でいい感じ!
また酸性のユズジュースの影響を強く受けるためか、できたてでもpH10くらいで使い心地もとてもよいです。
(私が今まで作ったリキッドはだいたいできたてはpH14~12と強アルカリで、できてすぐに使えるものではなく、1日~保温させたり、酸性で中和させてpH10~8.5くらいに下げて使用しています)
アルコールフリーでもあるのでその点でもお肌には刺激なしです。

アルコールを使わない分、保存性は気になるところですが、保存の経過も見ていきたいと思います。

今年もたくさん入手できたら、教室レシピにもぜひ取り入れたいと思います!




ユズのぷるぷる石けんを作ってみました!

12月に友人からユズをいただきました!こんなにたくさん!
IMG_3030.jpg
今年はご実家のお庭でたくさん収穫できたそう。
もちろんユズ湯にユズジャム、ユズ茶を堪能!
それでも使いきれないくらい実っていて利用に悩んでいるというお話をきいて、それではぜひ石けんを作らせていただこうと思い立ち、譲っていただいた訳です。
以前からユズ石けんは作っていますが、ユズ果実、そして精油ともなれば結構高価なためユズを存分に使う石けんは作ったことがありませんでした。

でも今回はこんなにたくさんのユズで贅沢な石けんを作らせて頂きました!感謝です!

頂いてから、早速ユズを皮、筋、種、果汁に分けました。
IMG_3040.jpg

さてどんな石けんを作りましょうか?
色々考えて、最初は以前から作ってみたかった「ユズのぷるぷる石けん」に挑戦しました。

まずはユズ種をメインに使ったぷるぷる石けんです。
ユズ種を漬け込んだアルコールを使ってぷるぷる石けんのリキッドソープベースを作ります。

アルコール分25%の焼酎にユズ種をつけ混みました。
IMG_3081.jpg

2週間漬け込んだところ。
IMG_3083.jpg
ユズペクチンが抽出され、トロリとしています。
ぺクチンは保湿効果がありお肌のうるおいを保ってくれたり、シミ、くすみの生成を抑制する働きがあるといわれている有効成分です。

種を濾して利用します。
IMG_3087.jpg

苛性カリと油脂を合わせて温めているところにユズ種焼酎を加え、けん化反応を進めます。
IMG_3090.jpg

しばらくするとアクのようなものが浮いてきて・・
IMG_3092.jpg

ぶくぶくと泡立ってきました。
IMG_3093.jpg

反応がおさまってから、約5分程かき混ぜると透明のペースト状に。
IMG_3095.jpg
ユズ種リキッドソープベースができあがりました!

ユズ種リキッドソープベースをぷるぷる石けんにアレンジ。
IMG_3099.jpg
とてもきれいなユズ色、そしてまあまあの透明感!(ユズ皮を乾燥させて作ったパウダーも少し加えました)

リキッドソープベースはアルコール100%の無水エタノールでしか作ったことがなかったので、度数の低い焼酎では仕上がりにどう影響するのか・・と思っていましたが硬すぎる仕上がりでもなく、ぷるぷる石けんにアレンジしても透明感は出たので問題なしだと思います。
無水エタノールならもっと透明感が出たのでしょうか・・?いや無水エタノールなら度数が高すぎてペクチンがうまく抽出できない?色々試行錯誤しましたが、透明度にそれほどこだわらないなら焼酎か日本酒がおすすめだという考えにおさまりました。

これはユズ果汁
IMG_3044.jpg

ユズ茶にして美味しく頂きました。
IMG_3045.jpg
ユズってまるごとすべてに利用価値がある優れもの!あらためて気づかされました。

今回はユズ種を利用した石けんでしたが、次回はユズの皮、筋を使った石けん作りのレポートをします!
IMG_3051.jpg



プロフィール

プチママン・ポム

Author:プチママン・ポム
神戸市北区 プチママン・ポムは、ベビーマッサージ教室、ハンドメイド石けん教室などを通して、子育て世代ファミリーの「子育てハッピーライフ」を応援しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク